複合金属試験片の切り出し

 ワイヤーカットでは、金属部品を綺麗に切断することが出来ます。b0074939_9363380.jpg
全てが導体で有れば、複合物でも断面を確認出来るので、そのような試験片の切断依頼が来ます。
 今回はエンジンのシリンダー部分の金属の取り出し加工です。まず全体からある程度の厚さにスライス加工をします。その後、シリンダー部を垂直にして、内面の金属と、全体を形成しているアルミの接合部を切断します。
 普通見ているエンジンは、アルミしか見えませんが、切断するとシリンダーの周りは鋼鉄で出来ており耐摩耗性を高め、その周りをアルミで被って有ります。それによりエンジンの軽量化を図っているようです。
 接合部が非常にうまく出来ていないと、高熱でシリンダー部の変形とか剥がれなど、大きな問題が起きます。
 普段使っている車ですが、本当に先端技術の固まりですね、、、。
周りから、18のピースを正確に切り出すのは、当社の技術です。
和氣 幸博(わけ ゆきひろ) 
e-mail 

精密ワイヤーカット加工、フィルム抜き型製作、フィルム抜き加工
(有) オクギ製作所 代表取締役
精密ワイヤーカット加工 オクギ製作所

〒203-0042 東京都東久留米市八幡町3-14-27
Tel 042-471-0867 Fax 042-478-2076 携帯 090-1503-8865
 

[PR]
by okugi-ss | 2017-05-20 09:37 | 仕事