新技術創出交流展

 東京の東久留米のワイヤーカット屋です。

b0074939_09212569.jpg9月13日、パレスホテル立川で行われた”新技術創出交流展”に出展いたしました。

今年で6回目の出展になります。都下を中心に多くの得意技を持った企業が出展しています。特にこの展示会は、技術テクニカルシート(得意技などを記入し、アピールする)を出し、それを見た大手企業が面談の依頼が有った会社のみが出展できます。

 幸い、毎回多くの企業に指名されないで、その分何回も出展できました。

 加工分野だけを要求される企業は以前と比べると減少傾向にあります。小さな企業にとって、いろいろと特徴のある物を作りだすのは大変です。加工でも、1台の加工機が数千万もするのが現状です。ピンポイントに絞って、得意分野を見い出し、それを宣伝するのが社長の業です。
 評論家が言うことは大筋が合っていますが、全ての企業に当てはまりません。どのような業種も、衰退するような業種でさえ、ちゃんと利益を上げている企業は必ず存在します。

 小さい企業ですが、そんな企業を目指しています。
 
和氣 幸博(わけ ゆきひろ) 
e-mail 

精密ワイヤーカット加工、フィルム抜き型製作、フィルム抜き加工
(有) オクギ製作所 代表取締役
精密ワイヤーカット加工 オクギ製作所

〒203-0042 東京都東久留米市八幡町3-14-27
Tel 042-471-0867 Fax 042-478-2076 携帯 090-1503-8865
 

[PR]
by okugi-ss | 2017-09-19 09:39

b0074939_08500926.jpg 東京の東久留米市のワイヤーカット屋です。

 ちょっと前に東京都中小企業振興公社からビデオ取材を受けた内容が、イチオシ企業として、紹介して頂きました。
金属プレスから、フィルムの抜き、フィルム抜き金型の製作、外販、その技術を活用し、ワイヤーカットの部品加工に移行し、特に微細、精密物を中心に展開して行った様子を取材して、簡単なビデオにまとめて頂きました。
 製造の現場が日本から海外に移行し、それと共に工場の生産も変化させ、時代について、さらに追いついて来たつもりです。小さいながらも多少無理をしながら、設備投資を怠らず、製造機械、検査機械など、他社以上の水準を求めてきました。さらなる変化、微細化、精密化に合わせて、加工技術の対応、検査技術の対応など、設備メーカーとの連携により、大手企業との取引にも役に立てています。
 そんな様子をビデオで紹介して頂きました。
今年は9月の、新技術創出交流展の出展、ビッグサイトで行われる新ものづくり、新サービス展の出展、来年のヨコハマテクニカルショウの出展などが有ります。
 当社の様子を展示していきます。


和氣 幸博(わけ ゆきひろ) 
e-mail 

精密ワイヤーカット加工、フィルム抜き型製作、フィルム抜き加工
(有) オクギ製作所 代表取締役
精密ワイヤーカット加工 オクギ製作所

〒203-0042 東京都東久留米市八幡町3-14-27
Tel 042-471-0867 Fax 042-478-2076 携帯 090-1503-8865
 

[PR]
by okugi-ss | 2017-08-24 09:45

 先週の土曜、日曜に、東久留米市役所で”第16回東久留米環境フェスティバル”が行われました。

 工業部会の一員であるイトウさんが、家庭用生ごみ処理機と赤外線カットフィルム、蓄電池等で出展されました。

 環境に関するフェスティバルは各地で行われ、意識も高まってきています。地球に生まれ、エネルギーを消費しながら生活をしていると、いつしか恩恵を忘れがちです。

 物があふれ、消費も選択をしながら暮らせる時代に生きていくものにとって、地球を大切にする環境問題は、大切な問題です。
[PR]
by okugi-ss | 2013-06-10 13:18

商工会工業部会の研修

 10月3日の月曜日は、毎年行っている工業部会の研修旅行で、沼津の”大川螺子製作所”さんの工業見学に行ってきました。

 東京の大田区でねじ加工を始めて90年近く続く大変凄い企業です。創業大正13年、私の父が、1歳の時始められた企業です。

 現在は自動車関係に、切削加工ではなく、転造加工で多くの特殊螺子類を納めているそうです。機械の取り付けには必ずと言っていいほどねじが必要です。緩まない、温度に耐える高精度の螺子類を世界に向けて製造しているそうです。

 地道な加工ですが、まさに縁の下の力持ち、日本の製造業を支えている工程を拝見することが出来ました。

 高度な技術を使った精密作業でありながら、同じ作業を繰り返し、原価に対する原材量費が40%にもなあるような製品を、ひたすら作り続ける機械は、長い年月の日本の製造の宝物です。

 そのような工程を見せていただいた大川専務さん、ありがとうございました。
[PR]
by okugi-ss | 2011-10-05 09:42