<   2006年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

秋津ちろりん村

 自宅の近くに”秋津ちろりん村”があります。

 東村山の秋津町にあり、市民が土と触れ合いながら自然の大切さを体験的に学び、緑の啓発の実践の場として、市民生活向上に寄与することを目的としての一般開放公園として開設されました。と、入り口の看板に書いてあります。

 住宅地に一角にあり、広い庭と、畑があります。現在はにんじん、さといも、キャベツなどが植えてあります。b0074939_1063068.jpg

 12月には収穫祭があり、近くに人たちが参加して楽しみます。

 また園内には雨水を再利用する最近では珍しいポンプなどもあります。b0074939_1094693.jpg

 近くの人たちの散歩コースです。私も毎朝、愛犬”サリー”を連れて行きます。b0074939_1013441.jpg
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-31 10:19 | 趣味関係

一橋大学

 先週の土曜日に、一橋大学で”産学連携ビジネスDAY in 一橋大学”が行われました。

 多摩信用金庫と、一橋大学の主催で、文科系大学との産学連携は珍しいことです。

 構内はさすがに国立大学です。レンガ作りの風格のある建物が並んでいます。b0074939_10144976.jpg

 地域活性化につながる産学連携ということで文系分野でも連携すると各企業の課題解決につながることがありそうです。文系大学の持つマネジメント技術を連携することが始まりそうです。

 分科会では関教授の”事業継承”についての話を聞きましたが、中小企業の後継者問題について今までと違った問題点を指摘されあたらなあり方を考えなければならないことを考えさせられました。b0074939_10351791.jpg
 
 
 中小企業の後継者問題では、個人補償という点が大きな負担となります。企業の倒産は個人の破産につながります。これでは再起するのがとても難しくなります。銀行もこの辺を考慮して欲しいものです。
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-30 10:35 | 仕事関係

都市開発

 昨日、東村山の市長さんとの懇親会がありました。

 
 ちょうど東村山駅西口問題で会合があったそうで、ちょっと遅れてお見えになりました。 b0074939_10444520.jpg

 都市開発は利便性と、地権者の問題、また道路などの開発をしないと地域住民の生活の場ですので、周辺が開発され利用者が増えると、公共交通の場である駅に通勤客などが集中し、しいては交通渋滞等を引き起こし、町の活性化が遅れてしまいます。

 全部の理解を得るのはとても難しい問題です。将来を見据えた計画を期待します。


 巨大ショッピングの進出問題では、今東久留米でももめています。東村山に比べ、情報の公開が遅れているように感じます。

 どのような問題でも、多くの人にとって一番有益な方法を選択していただきたいと思っております。 
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-27 10:58 | 仕事関係

東村山

 先日のテレビで、東村山を取り上げていました。

 もう30年以上住んでいますが、知らないところがいっぱいありました。

 特に正福寺地蔵堂は、東京都で唯一の国宝建造物だそうです。知りませんでした。b0074939_17541790.jpg

 東村山の駅からちょっと歩きますが、武蔵村山のほうに行くときに通る裏道をちょっと入ったところです。

 どことなく見た形だと思いましたら、鎌倉円覚寺舎利殿と同じ形をしてました。

 身近なところに有名なところがあるなんて気がつきませんでした。
今度、家から徒歩ですと1時間ぐらいかかると思いますが、のんびりといってみようかと思います。

 途中には久米川辻を通るります。この辺は鎌倉古道が通っていたところです。
 この辺りの道は、この辻から放射状に伸びています。ですので現在でも秋津あたりから東村山の駅に行くには、あちこち曲がらないと行けないほどです。

 市内に九つの駅がありますが、市の中心部には駅が少なく、多くの駅が市を囲むようにあります。

 駅から外れたあたりは、まだあちこちに都会の田舎の風景が残ってます。
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-25 18:16 | 趣味関係

地熱発電

 先日東京電力協会で、福島の柳津西山地熱発電所の見学に行ってきました。

 地熱発電とはあまり聞きませんが、全体の発電の中で0.1%ほどもの満たないとのことです。

 しかし近年石油等の化石原料の高騰により、地球に優しい発電としてみなおされて来ているようです。でも立地条件が火山帯に多く、日本では東北と、九州にしか見られないとのことです。

 地下1500から2500メートルから高熱(200度ぐらい)の蒸気と水分を取り出し、蒸気でタービンを回し発電します。その際硫化水素なども排出されるので、浄化処理装置が必要とのことです。b0074939_8382575.jpg

 使用した蒸気は還元井を通してまた地中に戻しているので、最も地球にやさしい循環型発電だそうです。

 風力発電より安定した電力を得られるとのことです。

 左側の写真は蒸気の冷却塔で、防音壁の内側にあります。
b0074939_8413687.jpg

 タービンのある建物の中は、蒸気の熱でかなり温度が高く、なおかつ強烈は騒音がします。
この様なタービンで発電するのは他の発電方法と同様です。

 これだけの施設ですが、通常は常駐者がおらず、このパネルを映像で確認して、異常があると車で30分ぐらいのところから駆けつけるそうです。b0074939_11241435.jpg

 山の中に突然と現れるさまは、ちょっとした近未来の基地みたいな感じでした。

 しかしここから送電される電線は意外と思えるほど細いのには驚かされました。

 やはり、火力、原子力に発電量は、かなわないようです。
 
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-24 08:47 | 趣味関係

会津観光

 会津市内に行ってきました。

 宿のほど近くに、昔ながらの武家屋敷を作った”合津武家屋敷”があります。昔の屋敷を再現してあります。
 姿三四郎のモデルとなった西郷頼母邸を再現したものとのことです。b0074939_17275635.jpg

 また会津は猪苗代湖水系の伏流水が日本酒の母と言われる宮水に極めて近い水質なので、古くから日本酒の酒蔵が多いそうです。

 酒蔵で利き酒を一杯。 山形の出羽桜などよ良く頂きますが、さらっとして美味しいお酒でした。

 会津といえば、白虎隊と、会津鶴ヶ城b0074939_17423432.jpg  

 さすがに天守閣から見る市内は四方が山に囲まれ、町の緑ととてもマッチしていました。明治7年に取り壊され、昭和40年に再建われたそうです。
 今では町のシンボルです。

 土曜日でしたが、結構観光の人が多く、暖かい南東北の日でした。

 これからが、紅葉の良い季節です。b0074939_17425752.jpg
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-21 19:45 | 旅行

ネイチャーテック

 ”ネイチャーテック”、聞きなれない言葉です。

 人間は技術革新などで、今までにないものをいろいろと作って来ました。
しかし、自然界にあるものも、ものすごいものがあるそうです。

 たとえば、”カイコ”。 絹糸を口からはくカイコの糸の長さは、なんと1kmから2kmに達するそうです。それを3日間で出してしまいます。恐るべき昆虫工場です。

 水面に浮かぶ”アメンボウ”。これも表面張力のおかげで、1本の足で体重の15倍を浮かすことができるそうです。その原理を利用すれば人間もたやすく浮くことができます。

 人間の骨は重さは、体重の5分の1しかありません。それで体全体を支えているそうです。軽いながらの強いという特性を兼ねているそうです。私も体の中に人工骨が入っていますが、後何年かしたら、部品交換!!しなければなりません。人工骨には磨耗による磨り減りで、交換する寿命があります。

 自然界にはとてつもないものが身近にあるのですね、、。改めてもっと何事も勉強しないといけないと感じました。

 
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-19 12:41 | 趣味関係

風のタオル

 いつものようにラジオを聴きながら散歩をしてますと、”風のタオル”の社長さんのインタビューがありました。

 どんなタオルかな、、と思いながら聞いてますと、その会社の消費電力分を風力発電で起こしているとのことでした。

 地球環境にやさしく、オーガニックコットンや竹を素材として使い、いつまでも使い心地のよいタオルを作っていられるそうです。
 タオルはどこにでもあり、安価な物で売り場はあふれてます。でも一味もふた味も違い、環境にこだわった製品は誰しも使いたくなります。

 何より使い心地の良いことも大切です。いくら地球環境といっても、製品としての価値がなければなりせん。たぶん良い品物だと思います。こんなタオルなら使いたくなってしまいます。b0074939_1423883.jpg

 私の友人で、Tシャツを作っている人がいます。素敵な友人で久米繊維さんです。やはり素材や、製造、デザインでは特色を出しています。b0074939_1426051.jpg

 いずれも、どこにでもあるような、そして安売りの目玉にされる商品ですが、そこに物語があるとつい買ってしまいます。そんな商品をこの2社は作ってられることと思います。

 私たちの会社もそんな素敵なことはできませんが、製品を作る為に金型を作成し、常に最良の状態を保つ為の機材を社内に持ち、最良の商品をいつも出せるように努力しております。

 

 
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-18 14:29 | 仕事関係

上尾

 昨日、上尾メモリードホールに行きました。
とても近代的な建物で、斎場のようではありません。b0074939_143479.jpg

 いつも車で行きますが、このところ飲酒に関して特に過敏なので、アルコールが入るといけないと思い、電車で行きました。

 新秋津から武蔵野線、京浜東北線、高崎線と、3回乗り継ぎありますが、乗車時間は40分ほどです。ただ日中ですと乗継が悪く、1時間はかかります。

 大宮がすっかり近代的な町になり、得に埼玉新都心のあたりはすっかり変わっているので驚きました。

 新秋津から大宮に直接行く電車もありますが、武蔵浦和の手前から貨物線に入り、京浜東北線の貨物線を経て大宮駅に入ります。
 通常の線路と違った経路を通るので、非常に面白いです。と同時に30分ぐらいで行け、武蔵野線を通ると非常に便利になりました。

 旧大宮操車場の近くに、南武線の茶色い電車が止まっていました。新都心と変にマッチしていました。

 たまに電車の旅も楽しく感じました。(ちょっと”鉄ちゃん”の気分です。)
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-16 14:04 | 旅行

MTO幸手

 幸手の商工会に行ってきました。埼玉の北東の端の位置になります。

 東久留米から和光インター経由で外環状に乗り、東北道を経由して久喜で降り約20分、1時間半ぐらいで着きます。
 久喜は栃木に行く途中に通ったことがありますが、幸手に行くのは初めてでした。

 東武鉄道日光線で浅草から45分ぐらいだそうで、結構近く感じました。でも、浅草まで運賃が630円です。ちなみに池袋から飯能よりちょっと遠そうです。
 電車も1時間に日中だと4本です。何かのんびりとした片田舎の駅でした。b0074939_14523649.jpg

 駅のすぐ前でも、まだ区画整理があまり進んでおらず、これから整理されるそうです。

 ちょっと歩くと、旧日光街道の宿場町があります。そこには昔のたたずまいを残した商店やなどが立ち並びます。川越のような感じを少し感じました。

 で、歩いていると酒屋さんの横に店舗の奥に入る線路があります。!!

 横丁鉄道だそうです!!曲がった線路に歴史を感じました。b0074939_15282546.jpg

 商品を店頭から奥に運ぶ為の鉄道です。始めてみました。
 昔は流行っていたお店なんでしょう。


 TMO幸手は、商工会で運営されてます。

 その事業の一つに、ドッグランがあります。市街地のはずれの幸手市遊休地を利用して、犬の遊び場を提供してます。b0074939_1531655.jpg
 犬もこんな広いところでのんびりしていると、ストレスがたまらないでしょうね。

 東久留米の落合川遊歩道でも多くの犬の散歩をしてますが、必ず紐でつながないといけません。猫はつながれていないのに、犬は必ずつながないといけないなんてちょっとおかしいですね。

 近くにあれば犬の散歩のついでに、行って見たいところでした。

 それにしても、商工会の指導員である長岡さんの情熱には驚かされました。この事業にこの人あり、と感じました。私たちの町にも欲しい人です。

 幸手はさらに元気な町になりそうな予感を感じながら、帰ってきました。

 
[PR]
by okugi-ss | 2006-10-14 15:32 | 仕事関係