産学連携研究

 私どもは、首都大学東京大学院 理工学研究科 機械工学専攻 真鍋健一教授と、樹脂材料の打ち抜きに関する共同研究を行っております。

 もう3年ほどになります。当社で扱っているフィルム材の抜きで、いろいろな形などでの抜き状態の変化を研究していただいています。

 今年の秋ごろ、大学と連名で学会で発表の予定です。

 タイトルは、樹脂材料の打ち抜き性評価試験方法の提案とその評価に関する研究です。

 大学との打ち合わせの上で形状などの条件を決め、当社で金型製作、試験片の作成を行い、それを分析していただいたものです。

 通常は経験と勘で、このくらいなら出来るだろうと行っているものですが、それをまとめていただくと一つの論文となります。先生の興味と、企業の経験により出来ました。

 この様は形で大学とのふれあいが出来ることにより、製造現場と学問が、つながりを持つことが出来ればと思っております。 
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-28 09:22 | 仕事関係

ビク刃抜き加工

 フィルムのプレス加工が得意ですが、品物によってはプレス型で加工出来ない形状の物もあります。

 フィルムに曲げやすくする為の、折れ線を入れる加工です。

 量が多く、製品精度があまり要求されず、単価がそれほど取れず、なおかつ納期がない場合です。

 プレス機に、ビク刃の木型をつけて、加工します。プレス機は、本来金型をつけて加工するように設計されてますので、下支点精度は普通の機械ではそんなに出ていません。
 朝、仕事始め直後と、1時間ぐらい機械を動かした後では、多少(0.1mmぐらい)は、違ってきています。

 刃型は、下支点で加工するので、その微妙な差が大きく影響します。また形状によっては破損します。

 今回の仕事では、形状に一部無理がある(鋭角に曲がった角部)ので、その部分だけがたびたび破損します。

 急ぎの仕事でしたので、ビク刃を交換し対応しましたが、次回までにその部分だけプレス型を作り、工程は1工程増えますが、破損の確認をする時間よりは早く加工できると思います。

 各々の良い点を合わせて加工に生かすことも、必要と思います。
 
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-28 08:45 | 仕事

松徳ガラス

 今朝のラジオで、東京のガラス屋さんが紹介されていました。

 ”松徳ガラス”さんで、e-glassの認定を受けているそうです。b0074939_1114428.jpg

 現在、年間4億本の蛍光管が廃棄され、その85%が埋め立て処理されているそうです。蛍光管のガラスの製造メーカーは国内で2社ぐらいだそうで、品質的にも類似しているそうです。
 完全水銀無害化された再生ガラスを使い、安全環境にやさしいグラスを製造しているそうです。

 東京の錦糸町の近くで、手作りで一つひとつ丹精こめて作られているとのことです。
ちょっと興味が出てきます。

 また、江戸硝子の称号も与えられているそうです。

 久米繊維さんの近くですので、何かのときにでも伺ってみたいと思います。
 
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-27 11:24 | 趣味関係

決算報告書

 当社は12月決算です。やっと先日、昨年の決算書が出来上がりました。

 第50期決算です。父の時代より、会社として半世紀が過ぎました。小企業にとっては長い年数です。いろいろな思い出があります。

 口癖にしていることは、四半世紀同じ仕事は持たないということです。

 当社も編み機の部品加工に始まり、タイプライター部品、ラジオやステレオなどの金属金具類のプレス加工、トランシーバー部品製造、コピー機類の事務機器部品加工、電気製品フィルム銘板加工、液晶用フィルム金型製作部品加工、超精密ワイヤー加工などと加工品も変化がありました。だんだんと精密加工を目指しました。

 基本的には、社内にある加工機、工作機などの技術を活用し、大きく企業形態を変えることなく、工夫や取引先の要望に沿った形で出来ることを行ってきただけです。途中には多くの転機もあり、何とか乗り切ってきました。

 平成元年より社長を変わり、やっと近年は利益を出せる企業体質になってきました。しかし安定路線とは程遠いものがあります。

 多くの取引先や、協力会社、またいろいろな異業種交流会や、商工会の仲間のおかげだと思っております。

 今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。
 
 
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-26 08:46 | 仕事

 昨日、商工会で労働時間に関するセミナーがありました。

 東京労働局の方と、社会保険労務士の方のお話でした。

 近年、当社の関係している弱電関係の仕事が、かなり外国、特に中国生産に移行しております。特に昨年来よりは高度の技術を要する製品も、日程的に急がない限り製品精度の面では外国にて十分対応できるようです。

 その関係の仕事も極度に落ちております。当然、残業も、年間を通してほんの数時間にとどまっております。

 セミナーの内容では、中企業から大企業の分析であり、東久留米周辺の企業とかけ離れた企業の分析でした。

 私どものような小企業では、何とか経営をするのが精一杯の状態です。


 何か現状とかけ離れたお話を聞いているような感じと思っていたのは、私だけだったのでしょうか。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-22 11:26 | 仕事関係

お祭りの笠

 先日もまた斑尾に行ってきました。今度は総勢7名です。家内と子供3人、婿と、孫です。

 私は1月のように、野沢温泉でまた温泉玉子を作ってきました。

 今度は違う外湯めぐりです。何しろ外湯が13ありますから、とても1回では廻りきれません。

 野沢の泉質はそんなにたくさん無いそうです。多くの湯は、大湯の近くから沸いているそうです。もう一つは”真湯”で、それを2つぐらいに送っているそうです。湯の花がちょっと黒っぽいです。


 真湯の近くに、藁細工の工房がありました。ふと見るとブック牧場の芝ちゃんが使うような”笠”
があります。b0074939_140950.jpg
 売り物ではなく、付近のお祭りのときに真湯近くの”真人會”の皆さんが被るものだそうです。

 一緒に写してあるのは、今回また作った”温泉玉子”です。

 
 ”おまつり笠”は、ご好意により分けていただきました。野沢の人は、良い人だらけです。

 芝やんも、たぶん喜んでくれると思います。

 おかげさまで、良いお土産が出来ました。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-20 14:06 | 旅行

たま工業交流展

 16日、17日は、立川昭和記念公園花みどり文化センターで、たま工業交流展が行われました。来場者数は11,400人ありました。

 東久留米商工会工業部会のブースも入り口から程近いところに出来ました。b0074939_12484175.jpg

 今回は商工会から、エレックス、ヨシオ電子、三井彫刻、田幡印刷さんの4社が展示されました。一緒にいるのは田幡さんの社長さんです。

 16日(金曜日)の午後でしたが、スーツ姿の方が多く見えてました。名刺交換がたくさん出来たようで、多くの方が私達のブースにも訪れていただきました。
 いくつかは仕事につながりそうとの感触を得られたそうです。

 夕方には立川の居酒屋で、タマ60との合同で交流会を行いました。

 異業種交流ですので、いろいろな企業の方が見えてます。何かひとつでも得られることがあれば、良いと思っております。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-17 12:44 | 仕事関係

投資信託フォーラム

 昨日は久しぶりに都心に行ってきました。

 2月だというのに、本当に穏やかで温かい天気です。
東京駅まで新秋津から1時間かかりません。武蔵野線と中央線を乗り継ぐと、便利です。

 東京フォーラムで行われた、”ダイワ投信フォーラム”の”ジム、ロジャース講演会に、参加しました。

 いろいろな講演会に出てますが、自分の目で確かめ考えた話は、説得力があります。

 注目しているのは中国で、今後大国になるだろうと。それと米ドルの価値が失い始めていることを危惧していました。
 
 今後5年から10年は、物(commodity)が不足するので、その方面の投資を増やすと言うものでした。

 なるほど理にかなったもので、参考にしたいと思います。

 その後、家内と近くの銀座に出てみました。b0074939_8574389.jpg

 あいも変わらず賑わいがあります。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-13 08:58 | 趣味関係

たま工業交流展

 いよいよ、今週の金曜日から”たま工業交流展”が立川で行われます。

 所属してます東久留米商工会工業部会でも、参加いたします。

 初めての試みです。工業部に参加されている企業の皆様に気軽に出展していただけるように、工業部として参加します。

 参加して自分の企業を宣伝していただき、少しでも皆様のことを応援できる商工会でありたいと思っております。

 企業が伸びるか否かは各企業の問題と思います。是非商工会を利用していただきたいと思います。

 16日には基調講演と、タマ60との交流会も企画しました。

 一人でも多くの方に参加していただきたく思います。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-12 08:45 | 仕事関係

講演会

 昨日、商工会連合会主催で”ツカサグループ”代表の、川又三智彦さんの講演会に行ってきました。

 ツカサと言えば、ウィークリーマンションで有名です。そう言えば日本では都市型ですが、30年ぐらい前に行ったヨーロッパのスキー場では、すでに週単位で借りるリゾートマンションがたくさんありました。

 日本では伊豆に”昭和30年代村”というのを企画されてます。

 社長も同世代の団塊の世代で、私としても共感を感じました。

 ただし私の状態ではまだまだ仕事に頑張らなくてはならないし、とても世間で言う2ndライフで人生を楽しむ生活など出来ないのが現状です。

 息子もやっと高校生ですし、何より奥木と、和氣の親族の代表としての会社があります。

 会社の従業員も家族だと思い、みんなのためになる様に頑張っております。

 久しぶりに東村山の駅付近を歩いてみましたが、夜になると本当に人どうりが少なくひっそりとした町になってました。

 8時ごろだというのに多くの店がシャッターを閉じ、ひっそりとした田舎の町のようでした。

 ”居酒屋一心”に寄り、楽しいひと時を過ごしてきました。b0074939_902465.jpg
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-08 09:09 | 仕事関係