無事、ダイヤモンドの駒の加工が終わりました。

 製品は、寸法精度も、面精度も問題なくできました。穴あけの加工は、条件を見つけるのに試行錯誤しましたが、何とか見つけることが出来たので、ダイヤの面からの加工もうまくいきました。

 加工時間は結構かかりますが、油のワイヤーカットならではの加工のようです。ドリル加工用の軸受けの加工も、継続的に注文が入り始めています。
 油のワイヤー加工の利点を最大限アピールして今後の仕事につなげたいと思っていります。

 高価な材料ですので、品物に応じて冶具を作成し、出来るだけ多くの製品が取れるような加工を行います。

 今後が楽しみな仕事です。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-28 10:07 | 仕事

フライス盤の修理

 最近の仕事の激減の影響で、使用頻度の少なかったフライス盤ですが、久しぶりに動かしたところ、穴あけが垂直に加工出来ないようです。

 ワイヤーカットに関しては多少知識がありますが、金型用のいろいろな機械の構造とかについてはそんなに知識がありません。
 昔から取引のある機械の商社の方に急遽連絡を取ったところ、ついでがあるとかですぐ来ていただきました。

 徐々にずれていたので、調整をすれば問題なく直ることがわかりました。本来万能フライスということで、ヘッドの部分が動くように設計されています。 それがいろいろな加工をすることにより、徐々にずれたものでした。

 一時は購入しなければ修理は無理かと思いましたが、長年使ってこられて機械ですので、調整不足のようでした。
 
 作業者に基本的な調整がわからず、使うことは出来ても機械の仕組みをよく理解できていなかったために起きたようです。

 直したついでに平面研削盤も診ていただきましたが、この機械はスピンドルの部分が摩耗しており、直すのに20万以上もかかるそうです。

 金額の張る修理ですので、景気の回復を待って考えたいと思います。

 なにはともあれ緊急の対応をしていただき、ありがたく感じました。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-23 16:13 | 仕事

ダイヤモンドの下穴加工

 ダイヤモンドコンパックスの素材と、超硬で出来たブロックを、そろばんの駒の形状に加工してほしいという依頼が来ました。

 超硬が1.5mmぐらいのベースに、厚さ0.65mmで人工ダイヤが接合されている板です。ワイヤー加工の前に下穴として、0.6mmぐらいの穴をあけます。ダイヤモンドは導通しますが、あまりよくありません。超硬の面から穴をあけますが、ダイヤモンドまで行くといったん加工が止まります。やがて、放電すると徐々にあくのですが、一穴あけるのにも一苦労します。

 ご飯粒より小さい駒ですので、なくさないように加工するのも大変です。たしかに高価な材料ですが、1センチ四方の板から9個も作るのは、むろん冶具を作成し、固定しながら行います。どのように固定するかも大変で、何度かクランプを変え加工します。

 果たして思い通りの寸法にできるか難問が多いですが、やりがいがありそうな加工です。
 
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-22 09:17 | 仕事

 10年以上ぶりに、清瀬のフィットネスクラブに行ってきました。

 長年の友人と昨日、清瀬のおいしい焼鳥屋さん”えのもと”で飲んでいた際、プールの話になり、話のノリで行くことになり、本当に久しぶりに泳いできました。

 35歳の時、椎間板ヘルニアで手術を受け、その後リハビリのため水泳を始めたのですが、最初に行った”マッサスイミングクラブ”からの友人で、今はこのフィットネスクラブにたまに行くそうです。

 何年か前に、建て直しをしていたのは通りがてらに見ていましたが、入ったのは初めてです。プールも綺麗で20mと25mの二つがあり、フィットネスの器具も充実しており、すっかりと様変わりをしていました。

 お風呂も、サウナもすっかり大きくきれいになり、本当に気持よく楽しめます。

 帰りに、次回の券を購入して来ましたが、その際抽選があり、”ひんやりマイボトル”を頂いてきました。

 すごく得した気分で、帰ることができました。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-19 15:28 | 趣味関係

ラセン状の形状加工

 蚊取り線香のような渦巻の加工が出来るかという、依頼が来ました。

 均等の形状でなく、芯が左側に寄っています。ワイヤーで溝を入れるだけでしたら、問題がないのですが、線にすると加工した部分が下がってくるはずです。

 蚊取り線香をはずすと、中心が下がるようなものだと思います。
金属ですので、大きくは下がらないと思いますが、下のガイドに当たると思います。

 ワークを浮かして加工をする必要があるはずです。あとは加工をしていくと切りカスがでます。その処理をどのようにするかという問題もあります。

 データーを頂き、細い部分と太い部分を測り、推測します。

 ちょっと変わった仕事です。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-17 17:35 | 仕事

アルミの加工

 5月頃見積もりをしたアルミの加工が、決まりました。

 大学の研究室の依頼らしく、当社の加工でも結構時間がかかります。
先方で切削加工をしたものを、社内で追加工をします。0.5の穴を100か所開け、そこに0.03のワイヤーを通し、0.05の溝を100か所切ります。

 アルミの筒ですので、ワイヤーの加工は上下の穴に貫通させ、50か所の加工です。上と下で2次放電をするので、幅が同じになるかやってみて、測定をしないと正確には出ませんが、以前に0.05ワイヤーで行った際は、うまくいきました。

 いずれにせよ、社内の加工で3週間ぐらいかかる大変な加工です。

 他ではできないような加工を可能にするのは、大変ですが、やりがいのある仕事です。

 無論それなりに金額になります。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-13 10:35 | 仕事

電力中央研究所の研修

 昨日は、東京電力さんの電力協会で、日帰り研修に行ってきました。

 群馬県太田市で行われている、大規模太陽光発電システムの見学です。
太田市郊外の”Pal Town ”です。777戸の新興住宅地の中に、約550戸が太陽光発電システムを設置してあり、数々の開発研究を行っているとのことです。

 通常は電気を使うだけですが、日中の太陽が出ているときは、電気を東京電力に逆に売ることができます。
多くの家庭から少量でも電力が逆流すると、一部の電圧が上昇して、器具などの悪影響を与えるため、ピーク電圧が107V以上になると、自動的に発電を停止させる機能とか、落雷などの時、修理等のために停電をさせないとならないとき、勝手に太陽光発電が作動してしまうと、危険が出るのでその対策など、なるほどと思うような研究をしています。

 近い将来は、多くの家庭の屋根に、太陽光発電のパネルが見られる光景が出てきそうです。エネルギーの有効利用ということでは、これから盛んになると思います。

 昨年、自宅を作った時も検討はしましたが、取り付け費用などと、採算の問題、メンテナンスの問題などがありそうなので、見送りましたが、売電の料金が上がるとかのメリットが出てきたら、再度検討をしようと思います。

 後世に残す日本の環境についてを考える一日でした。
[PR]
by okugi-ss | 2009-07-10 14:22 | 趣味関係