精密ワイヤーカット加工

 このところ、当社の得意とする”精密ワイヤーカット加工”に関する、問い合わせが多くあります。

 今日は午前中、その件で来客があり、午後は、商工会連合会で”ビジネスマッチング”がありました。

 同じような精密加工の案件で、SUS304、t=0.25の板の精密加工、銅に最小Rの穴の精密微細加工です。公差はレンジで16μです。冶具に取り付け、サンプル加工を行い、本加工に入ります。

 手をかけないと、ねらい通りの寸法加工はできません。加工中に、材料の塑性変形も無視できません。
問われるのは、誤差がミクロン単位の製品が多くなってきています。

 他社で大変なものを手がけるのは、当社にとっても大変ですが、難しい仕事をやらなければ、日本で製造業を行う意味がないと思います。

 要求に対して貪欲に、可能性を最大限に見出して、加工していきます。どこでもできる仕事は、いずれ海外に行ってしまいます。

 日本の製造業として、頑張っていきたいと思ってます。

 
[PR]
by okugi-ss | 2012-09-27 17:40 | 仕事

 今週の木曜日、昭島の産業サポートスクエアで、商工会連合会主催のビジネスマッチングに、行きます。

 八王子の月井精密さんより、商談のお問い合わせがあったようです。当社の油ワイヤーカットの技術や、フィルム抜きに関する技術などを、TAMAワザ自慢100Vol.2や、輝く技術光る企業などで紹介されてますので、オファーがあったようです。

 小企業の営業は、時間も費用もかけることができません。得意な技術をいろいろなところで取り上げていただくことは、大きな営業力になります。また、来月の”第12回あおしんビジネス支援マッチング”の参加、11月に行われる”第13回ビジネスフェア from TAMA"の出展、また、ビッグサイトで行われる”産業交流展2012”などを通して、当社の技術紹介をしていきます。

 費用は最小限度、効果は最大を目指して、営業をしていきたいと思います。
[PR]
by okugi-ss | 2012-09-23 10:55 | 仕事

試験片の切りだし加工

 最近、試験片から円柱や、角ブロックを切りだす加工の依頼があります。

 小さいものは、1mm角の製品を、試験片ブロックの指定された位置より方向性をわかるように切りだします。

 加工は、油のワイヤーカットで行いますので、腐食、錆び等は起きません。磁性金属の場合、方向性はありますので、マーキングなどをしてわかるように加工します。

 品物の上下左右の真ん中より切りだす際は、何工程か掛かりますが、なんとか切り出せます。

 焼結合金によっては、加工により破損が出る場合がありますが、水のワイヤーカットに比べ、比較にならないほど破損が出ません。

 いろいろな仕事があります。
[PR]
by okugi-ss | 2012-09-13 13:39 | 仕事

有事における危機管理

 先日の夜のTVで、近くの商工会仲間の会社”アジャスト”さんが紹介されていました。

 東京都の補助を受け、今後予想される地震などの災害時に、いち早く企業を動かすための手段等を中小企業でどのように対策するか、その様子が放映されてました。

 内容を拝見して、確かに津波等の影響は内陸の東久留米では考えなくてよいのですが、活断層とか大地震に対する対策は、皆無でした。

 まず拝見して感じたことは、落下物に対する処置です。あまり流動的ではないにしても、社内には多くの重量金型が棚に分類され入れてあります。

 地震等により落下した場合、破損の危険性もあります。実際に東北地震の際、山形の取引先では金型が落下し、破損修理を行いました。自社で起こった場合は、納期の遅延等得意先に少なからず迷惑を与えてしまいます。

 板1枚を張り付けるとか、ロープ等を棚の前に取り付けるとなどの対策を行えば、被害を最小限度に抑えられます。小さいところから順次行いたいと思います。

 棚の固定も、簡単なことです。倒れることにより、内部の部品が散乱して、その分別に多くの時間がかかります。

 火災を経験しましたが、また違った被害も考えておかないと、考えも及ばない災害の際は、すぐに立ち直ることが出来ないです。

 企業活動が滞れば、生活も乱れ、得意先にも多くの方にも迷惑をかけます。

 中小企業と言えども、出来る範囲で災害に備える必要があると思います。
[PR]
by okugi-ss | 2012-09-05 10:47 | 仕事関係