測定用マイクロスコープ

 当社で加工している微細加工品の測定が、最近難しくなってきています。

 丸物や、パイプ形状のワイヤー加工もあります。顕微鏡測定器では、Z軸を変えるとX,Yの測定が正確に出来ません。多くは、板に加工するので、ミクロン単位まで、ほぼ測定することが出来ます。ほぼと言っても、±2μぐらいを狙っています。丸形状になると、測定公差がたぶん一桁違ってくると思います。

 これから10年先の製品加工にも適応できるような測定設備が必要です。
また、マイクロスコープでは、加工面の状態を見ることが出来るように、1,000倍以上の映像で確認できる必要が出ると思います。

 そのような要求に対応する機械を、キーエンスと、ミツトヨの2社で比較検討中です。高い買い物ですので、当社の技術を的確に測定、観察できる機種にしようと思います。

 他社であまりやらないような仕事に対する測定なので、先を見越した機種選定が必要となります。

[PR]
by okugi-ss | 2014-05-15 10:30 | 仕事

ものづくり助成金

 先日、書類がやっと出来、助成金の申請をいたしました。

 医療用の関係の仕事に関する加工に、当社の得意とする微細精密加工を組み合わせ、細かなところまで測定、観察し、人体に影響のないような加工を目指すための加工技術を確立していこうというものです。

 微細加工と言っても、精密さ、面の粗さ等が求められているのが現状ですが、ミクロンのバリ等が、発生する可能性が十分にあります。
 
 加工条件で、多くは対策が出来ると思います。どうしても発生する場合は、追加工で皆無にすることが出来るようです。

 工業製品と言っても、最近は野菜を作る機械や、医療に関する機械など、単なるものづくりから、今後増えるであろう需要の分野に向けて、新規開発が増えてます。

 リーマンショック、東日本大地震等で、仕事が一時的に激減しても、機械の返済、仕事をしている従業員の給料は変わりません。人間である限り常に生きており、常に食を必要としています。

 技術を不変な需要のある分野に広げていくことは、事業を続けるために、必要なことです。
[PR]
by okugi-ss | 2014-05-14 13:13 | 仕事関係

異業種交流会の年次総会

 今週の金曜日、タマ60異業種交流会の総会を行います。

 参加企業は12社、創立は昭和60年、多摩地区の各商工会から選ばれた企業です。その当時はほとんどが製造業の方でしたが、他の業種の方もその後入りましたら、現在在籍している方の多くは、製造業の方です。

 昭和60年からすでに28年以上続いていることになります。四半世紀以上です。多くの企業の社長と触れ合うことで、大切な、貴重な経験をすることが出来ます。

 代表幹事兼、会計、事務局を行っておりますが、皆様が元気でいる限り、協力させていただくつもりです。

 同じことをしていれば変化に対応できなくなります。タマ60の個々の企業も、それなりに素晴らしい対応を、されていらっしゃいます。

 そんな企業と知り合えたことは、一度しかない人生の宝です。
[PR]
by okugi-ss | 2014-05-12 10:49 | 仕事関係