難加工材(銀タン、銅タン、タンタル、インコネル)の加工依頼

 最近は、ワイヤー加工で難加工材の依頼が多く来ています。

 銀タングステン、銅タングステン、タンタル、インコネルなどの加工依頼です。特殊な材料なので、希望する大きさの材料が入手できない場合が多くあります。

 たとえば、φ22x66の棒から、厚さ14mm12x15の大きさを取り出したい時、厚さ14mmにカットし、冶具にはめ込み、形状加工を行います。
 大きな材料から、厚さ分に切断し、冶具を作成し、細穴加工、穴、形状仕上加工なども、行います。
品物によっては、穴明け、タップ加工、研磨加工も可能です。

 難加工材なので、穴明け、フライスによる形状加工より、はるかに精度よく形状加工、穴加工が可能です。

 少ない数ですが、ワイヤーカット加工の優位性と、油の中で加工することによる、腐食の無いより良い製品を作成することができます。

 無論、そのような製品に破壊テスト用の細い溝加工なども可能です。いろいろな試験片の加工も行っております。


和氣 幸博(わけ ゆきひろ) e-mail 

精密ワイヤーカット加工、フィルム抜き型製作、フィルム抜き加工
(有) オクギ製作所 代表取締役
http://www.okugiss.jp/
http://members.jcom.home.ne.jp/okugi/
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町3-14-27
Tel 042-471-0867 Fax 042-478-2076 携帯 090-1503-8865
 
[PR]
by okugi-ss | 2016-02-23 12:36 | 仕事