ワイヤーカットで作りました。

 企業がこだわりの製品を、ネットやアンテナショップを通して販売するニュースが最近増えてます。b0074939_13314776.jpg
 私どもの加工の分野はワイヤーカット放電加工で、金属の線に電気を通し、反対側の金属の間で放電させ、金属を溶かしながら形状加工するという加工です。

 得意とするものは、金属の板を形状に加工する、また、写真のような球の形状に加工が出来る、硬い夜気が入った金属でも金属の組織を放電によって溶かしながら加工するので、加工が出来るなどあります。

 機械の精度も向上し、ミクロンの加工も可能です。以前は金型の加工に多く利用されてきましたが、量産品は海外に流出し、電気製品もクリーンルームで使用する製品などに変化していき、利用目的も変化してきています。

 最近は、角穴の加工や、いろいろな形状で、切削加工で難しい加工を、ワイヤー加工で加工しています。
部品加工は、冶具等で固定し、位置出しをして加工するので目に見えない時間がかかります。

 寸法精度も、測定機の精度が向上したので、同じ製品が多くある場合、測定が容易になりました。

 時代に合った製品加工が出来るように、設備も導入しております。
和氣 幸博(わけ ゆきひろ) e-mail 

精密ワイヤーカット加工、フィルム抜き型製作、フィルム抜き加工
(有) オクギ製作所 代表取締役
http://www.okugiss.jp/
http://members.jcom.home.ne.jp/okugi/
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町3-14-27
Tel 042-471-0867 Fax 042-478-2076 携帯 090-1503-8865
 



[PR]
by okugi-ss | 2016-07-26 13:32 | 仕事関係