労働時間等改善推進セミナー

 昨日、商工会で労働時間に関するセミナーがありました。

 東京労働局の方と、社会保険労務士の方のお話でした。

 近年、当社の関係している弱電関係の仕事が、かなり外国、特に中国生産に移行しております。特に昨年来よりは高度の技術を要する製品も、日程的に急がない限り製品精度の面では外国にて十分対応できるようです。

 その関係の仕事も極度に落ちております。当然、残業も、年間を通してほんの数時間にとどまっております。

 セミナーの内容では、中企業から大企業の分析であり、東久留米周辺の企業とかけ離れた企業の分析でした。

 私どものような小企業では、何とか経営をするのが精一杯の状態です。


 何か現状とかけ離れたお話を聞いているような感じと思っていたのは、私だけだったのでしょうか。
[PR]
by okugi-ss | 2007-02-22 11:26 | 仕事関係