すり割り加工

 直径が1mm以下の丸棒ですが、中心部に0.2mmぐらいの穴が開いており、端面から6mmぐらいまでの部分に、0.05以下のすり割りを入れてもらいたいとの、依頼です。

 極細の丸棒ですので、固定するのに冶具が必要です。端面との平行が出ている必要があります。
 作成していただいた冶具で問題ないようですので、0.05以下ということですので、0.03mmのワイヤーでしたら、加工が可能です。

 先端部が片側5ミクロンぐらい狭まりますが、幅としては0.038から、0.048ぐらいの寸法幅で仕上がりました。

 6mmぐらい加工するのに約30分ぐらいかかり、取り付け、位置だしなどの時間を考えますと、45分ぐらいかかります。

 端面に小径の穴があけてあり、かなりの加工技術を要する加工と思います。次回、当社に加工の依頼が来たときは、スタート穴の加工などをお願いできそうな高度な技術です。細いパイプの部分にスリットを入れ、チャックの役割をするそうです。

 どのように使われるのかを考えると、興味のある加工です。
[PR]
by okugi-ss | 2008-07-14 08:48 | 仕事